年齢を重ねるごとにお肌のハリが失われていくのは、人間である以上仕方がないことです。でもそんなお肌の老化はできることなら遅らせたい!そう思ってお肌のアンチエイジングに取組んでいる方も多くいらっしゃいます。そこでここではそんなお肌の老化を遅らせるために必要な成分についてご紹介していきたいと思います。

 

コラーゲン合成、美白効果に期待!ビタミンC誘導体とは?

通常ビタミンCは皮膚への浸透がイマイチよくありません。そこでお肌への浸透、吸収を高めたものが「ビタミンC誘導体」です。一般的にビタミンC誘導体は、抗酸化作用を持つので老化予防やニキビの炎症を抑えてくれると言われています。さらに浸透効果を高める為にビタミンC誘導体の成分を配合した化粧水、美容液をつけたお肌に弱い電流を流し、イオン化しお肌の奥へ送り込むという方法もあります。これはイオン導入と呼ばれていて、シミなどを薄くなることがあるようです。美容皮膚科で受けることが出来ますが、最近では家庭で簡単にイオン導入が出来る器具も販売されています。

 

真皮のコラーゲンを増やす効果に期待!レチノールとは?

レチノールとはビタミンAの事を指します。レチノールはお肌のターンオーバーを正常化したり、シミの原因となるメラニン色素が沈着するのを抑える効果があると言われています。また、お肌の弾力、ハリに関わるコラーゲンの生成を促進する効果も期待できるという成分です。ただしやや刺激が強めの成分ですので、顔中に使うと粉を吹くことがあります。お肌のコンディションをが優れないときには控えるようにしましょう。

 

水分を抱え込んで保湿する!ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は昔からスキンケアの成分としても広く知られています。もともとヒアルロン酸自体はお肌の真皮にあり、200倍から600倍の水分を蓄える力がある成分です。ヒアルロン酸を化粧品としてお肌に使った場合、保湿としての効果は非常に優れています。敏感肌の方にも使えるものが多く、日常使いの保湿成分としてはポピュラーです。スキンケアの鉄則である「保湿」でお肌老化を遅らせましょう!

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!