暑い夏を過ぎて秋もまっしぐらという感じになってきましたね。秋はお肌のトラブルが起きやすい季節でもあります。秋のお肌トラブルを冬の乾燥の季節へ持ち越さないためにも知っておきたいこの時期の保湿について考えていきたいと思います。

 

夏のお肌へのダメージ

夏場の厳しい暑さは身体に疲労を残してしまいます。さらに夏はお肌の露出も増えるのでそれにともなって紫外線を浴び、さらに汗をかくことで清潔な状態を保つことが難しくなります。そういったお肌の疲れを残したまま、夏よりも湿度の下がる秋に突入しますので、お肌にとっては乾燥しやすい状態といえます。

 

気温の変化による自律神経の乱れ

自律神経は人間が生きていくために無意識のうちに 身体の様々な機能を調整してくれていますが、夏から秋に変わる気温の変化に対しても自律神経が働いています。ただしこういった気温の変化は自律神経の働きを乱す原因にもなり、睡眠の質が浅くなるなどお肌の代謝にも影響してきます。お肌の代謝が乱れると、乾燥肌、敏感肌となってしまいますので、季節の変わり目は特に意識をして健康管理をする必要があります。

 

普段の保湿に+α

普段使いの保湿剤でスキンケアをする事はもちろんの事ですが、保湿パックを週に1度か2度するのも効果的です。保湿パックに関しては、簡単に出来るシートパックでも効果はありますが、昔からある塗ると固まるタイプは肌を密閉して潤いを肌の奥まで届けてくれるのでおすすめです。

 

保湿力の高い美容液を使う

最近ではセラミド配合の保湿剤なども販売されています。そもそもセラミドとはお肌の中に存在する角質細胞間脂質の一種です。このセラミドがお肌の中の水分をサンドウィッチ状に挟み込み保水しています。本来セラミドは、お肌のターンオーバーと共に作られますが、このセラミドを簡単に補おうという事で保湿剤に含んでいるのです。(花王のキュレルやリ・ダーマラボなど)そういったセラミド配合のものや、それ以外でも保湿力の高いものを乾燥の季節に使うと効果的です。

 

睡眠の質を良くするための工夫

気温の変化で睡眠不足になったりするとお肌への影響も出てきます。睡眠をしっかりとれるような生活リズムに整えるのはもちろんのことですが、睡眠1時間前は極力テレビを見たり、スマホをいじらないというのも脳を休めるために必要です。また睡眠前は照明を落としてアロマを焚くというのも気持ちを落ち着かせる効果があります。よく寝る女のお肌はキレイ!?も参照くださいね。

恋愛の秋でもあるこの時期をお肌コンディションが悪いせいで楽しめないのはとても悲しいですよね。ぜひ以上のようなことを参考に日々のスキンケアに取組んでみてください。

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!