痒くて痒くてどうしようもなく掻いてしまう→お肌にダメージを与えてしまう→炎症を起こしてさらに痒くなる・・。このような掻き壊しの悪循環に入ってしまうとお肌を清潔にしても、念入りに保湿をしてもなかなか良い方向に向かわなかったりします。ここではそんな痒みに対してどのようにアプローチするかを考えていきたいと思います。

ステロイド剤プラス保湿剤での対処が一般的

まずは皮膚科では痒み(炎症)に対しては早期に抑え込むためステロイド剤を処方されることがほとんどです。ステロイド剤は痒みをすぐに断つ事が出来るので、痒みの悪循環を止めてくれます。その間に保湿剤でお肌の水分が逃げないようにし、本来のお肌に備わったバリア機能を高めていきます。ワセリンやヒルドイドなど保湿力の高いものでしっかり保湿することが重要です。

ただしステロイドを使って、保湿をしてもまたかゆみが出てきてしまうこともあります。よくあるのがステロイドを塗って翌日には赤みやかゆみが引けたからもう治ったのだと思って保湿なども止めてしまうことです。かゆみや赤みは引いたとしても、油断せずにしっかり保湿ケアを続けていくことが重要です。かゆみがおさまってからが本当の戦いという意識を持ってスキンケアをすることが大切です。

 

ステロイドではない一般市販品

またステロイド剤に関しては、「極力使いたくない」という意見の方もいます。たしかに使い方によっては副作用が気になることもありますが、そのあたりは信頼できる皮膚科を探し、その先生の指導のもと適切に使いましょう。それでも絶対に使いたくない、あるいはステロイド剤を使ってきたけれどそれでも赤みが繰り返し出てしまうというような方は、市販の敏感肌用の保湿剤を試してみることもひとつの手です。ただしその際には必ずお肌の状態にあった保湿剤を選ぶようにしましょう。市販メーカーによっては事前にお肌の状態とその商品の使い方などを相談に乗ってくれるところもあります。

 

掻き壊してしまっているお肌はかなり敏感になっていて、バリア機能も弱まっていますのでそのようなサポートを有効活用して自分にあった永く使える保湿剤を使いましょう。敏感肌用の保湿剤一覧はこちらをご参照ください。

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!