普段から敏感肌の人、そうでない人も季節の変わり目は体の調子が優れなかったりします。そしてそれと同時に出てくるのが身体の痒み・・。ここではそんな季節の変わり目に起こるからだの痒みの原因について考えてみたいと思います。

気温の変化によるもの


季節の変わり目は気温が上がったり下がったりします。身体の体温調整は自律神経により行われますが、気温の変化とともに自律神経が乱れてしまうことがあります。それによってお肌の健康バランス、バリア機能が低下し、その結果お肌が痒くなることに繋がります。

花粉などによるお肌への刺激


季節によって様々な植物の花粉が飛びます。花粉症のようにアレルギー反応の分かりやすい症状が無くても、お肌に対しては刺激となっている場合もあります。

環境の変化によるもの


季節の変わり目は特に環境の変化をともなうことがあります。就職、卒業、昇進、引越しなどなど・・。そういった環境の変化は、精神的にストレスを感じやすくなります。ストレスにより免疫力などが低下し、お肌のバリア機能も低下してしまい痒みを感じてしまいます。

まとめ

季節の変わり目は特に身体全体の健康管理をしっかりしましょう。気温の調整をしやすい服装にしたり、睡眠をしっかりとったり、栄養バランスの良い食事をしたり・・。また自分流のストレス解消法を見つけることも大切です。痒みと乾燥が続くようであれば皮膚科を受診することも考えましょう。お肌のバランスが崩れると悪循環に陥って健康なお肌にするのに時間がかかる場合がありますので、早めの対策を意識しましょう。

季節の変わり目に肌が敏感になってヒリヒリする人に

肌のバリア機能が低下しやすい季節の変わり目。肌がカサカサしたり、かゆみ、赤みが出る人は敏感肌の傾向があります。赤みやかゆみの原因である炎症に働く成分、さらにヒト型セラミドで保湿力の高い敏感肌向け化粧品アヤナスがオススメです。

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!