顔のどの部分よりも皮膚が薄く、刺激に弱い敏感な目元。
起きているときは数秒に1回のペースでまばたきし、何かを見るときはその都度ピントを合わせるため、目元の筋肉を使います。

毎日フル稼働している目元は、顔の中で一番老化を感じやすい部分です。

目元にシワ、乾燥、クマなどが現れ老けてみえやすくなります。それらを改善するために作られたのが、目元専用の“アイクリーム”です。ここでは目的別におすすめアイクリームをまとめました。

アイクリームを選ぶポイント

1.目的別で選ぶ

1-1.アンチエイジングとして予防的な使い方をする場合

目尻のシワや乾燥、たるみなどの肌トラブルを予防していきたいという人の場合、保湿力の高いアイクリームを選ぶ必要があります。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、またペプチド系の成分がおすすめです。

1-2.すでにあるシワに対して使いたい場合

すでにあるシワに対して使いたい場合は、「シワ改善」の表示の認められたアイクリームがおすすめです。シワに対して使用し、その効果が有意に認められたものになるので、表示されているものは実感力も高いです。

1-3. シミ・美白対策効果も欲しい

目元の保湿と同時に、シミ対策もしたい場合は美白有効成分が含まれるアイクリームを選ぶ必要があります。ただし、美白成分は敏感肌の人には刺激となる成分もあるのでそういった方は注意しましょう。

2. コスパで選ぶ

アイクリームの場合、普段使っているスキンケアにプラスαとして使うケースがほとんどです。そのため、月のスキンケア代が大きくなりすぎて結果的に継続できず効果も実感できない・・ということになりかねません。コスパは人によって許容範囲が変わりますが、お得に続けられる購入システムなどもチェックしてみましょう。

シワ改善効果のあるアイクリームおすすめ3選!

「シワ改善」を謳うことができるアイクリームは、従来の「シワ対策クリーム」と違って、厚労省にそのシワ改善効果・効能が認められたアイクリームです。目視評価か写真評価、機械による測定のどちらにおいてもシワ改善に有意さが見られるものがシワ改善という効果を認められます。

  1. アイクリームのおすすめ①エリクシールリンクルクリームS

    シワ改善の効能がある資生堂のアイクリーム。純粋レチノールがお肌の表皮にあるヒアルロン酸を作る働きをサポートしてくれます。シワやたるみのお肌は少しゴワゴワした状態ですが、角質層の水分量を増やすことで柔らかさを取り戻し、気になるシワが改善します。

    約9週間程度から効果を実感する人が多いコスパと効果のバランスが良いアイクリームです。

    シワ改善成分 容量 通常価格
    純粋レチノール 15g 6,264円(税込)

    》商品の詳細はこちら
    》リンクルクリームSの口コミと実際に使って分かったシワ改善効果体験談!

    1. アイクリームのおすすめ②リンクルリフトディープレチノホワイト4

      資生堂のシワ改善アイクリームディープレチノホワイト4は、ハリと美白という目元周りの悩みすべてに1本で対応できるクリームです。リンクルクリームSと同じ純粋レチノールがシワ改善、HAKUなどの美白ラインにも含まれる「4MSK」を配合しているのでシミ・くすみにも効果的です。

      価格が高いのですが、究極のアイクリームとも呼べる機能が魅力です。

      シワ改善成分 容量 通常価格
      純粋レチノール 15g 12,960円(税込)

      》商品の詳細はこちら

  1. アイクリームのおすすめ③リンクルショットメディカルセラム

    シワ改善効能を謳うアイクリームの先駆けでもあるポーラのリンクルショットメディカルセラム。資生堂のリンクルクリームSに使われるレチノールとは違う働きでシワを改善するニールワン配合。

    お肌の弾力にとても重要な「真皮」にアプローチするので、シワの根本的な改善を目指す人におすすめ。

    真皮とは??

    お肌の表面(表皮)のさらに奥にあり、弾力のもととなるコラーゲン繊維とエラスチンが存在する部分。真皮の約70%がコラーゲン繊維でできている。

    シワ改善成分 容量 通常価格
    ニールワン 20g 14,580円(税込)

    》商品の詳細はこちら

乾燥小じわ・シワ・クマ対策用アイクリームおすすめ3選!

目の下のたるみは加齢によって肌のコラーゲンが減少し、ハリが低下することで起こります。
おすすめの成分はレチノールやペプチドです。これらはコラーゲンの材料になる成分なので、減少したコラーゲンを増やすことができます。

また、アイクリームは伸びが良いテクスチャーを選びましょう。伸びが悪いと指と目元の間で摩擦が起こり、たるみを余計に悪化させてしまうからです。

  1. アイクリームのおすすめ④アイキララ

    もともと薄い皮膚が加齢によって痩せていくことで起こる目元トラブルにアプローチするアイクリーム。アイキララはビタミンC誘導体の一種であるMGAという成分が、お肌のコラーゲンに働きかけることで目元ケアをするクリームです。

    価格も1本あたり約3,000円とアイクリームの中では比較的リーズナブルで続けやすい価格です。2016年、2017年とモンドセレクション金賞を受賞している注目のアイクリームです。

    成分 容量 通常価格
    MGA(ビタミンC誘導体) 10g 3,000円(税込)

    》商品の詳細はこちら
    》アイキララの口コミ・評判一覧はこちら

    1. アイクリームのおすすめ⑤メモリッチ

      美容成分93.3%と成分ほとんどが保湿力で出来ているアイクリーム。5つのペプチドとセラミドを配合した目元クリームで、ベタベタしない使い心地で夏場でもストレスなく使えます。脂浮きもないのでメイク前に使うことも可能です。

      目元クリームの中でも1本あたり約3,000円前後で今の1か月のスキンケア代にも負担になりません。

      成分 容量 通常価格
      ペプチド・セラミド 不明 3,564円(税込)

      》商品の詳細はこちら

    2. アイクリームのおすすめ⑥アテニア アイエクストラセラム

      @cosmeベストコスメアワード2016ベストアイケア第2位にランクインしたこともある、人気アイクリーム。まぶた痩せ、目尻のこわばり、目の下のたまりといった加齢による目元トラブルすべてに効果的な成分構成です。

      成分 容量 通常価格
      シトルリン 15g 3,291円(税込)

      》商品の詳細はこちら

くすみ・シミ対策用の美白成分配合アイクリームおすすめ2選!

目尻や頬骨な紫外線が当たりやすい場所はその分、シミのリスクが高くなります。目元のシミは、見た目年齢に大きく影響するので日頃からケアをしていきたい場所です。
ここでは保湿に加え美白成分を含むアイクリームを紹介しています。

  1. アイクリームのおすすめ⑦グラシュープラス

    グラシュープラスは、乾燥小じわやハリ・弾力など保湿系の成分に加え、くすみやシミにも対応できる保湿x美白の目元クリームです。通常価格は1本あたり10,000円前後しますが、初めて使う人向けのモニター価格で1本1,620円で試すことができるのも安心です。

    成分 容量 通常価格
    ヒアルロン酸・プラセンタ 20g 9,799円(税込)

    》商品の詳細はこちら

    1. アイクリームのおすすめ リンクルリフト ディープレチノホワイト4

      シワ改善と美白が可能な資生堂のアイクリーム。シワ改善の効能・効果がある純粋レチノールはもちろんですが、美白美容液13年連続売上1位のHAKUメラノフォーカスにも使われている4MSKも高い美白予防効果が期待できます。

      成分 容量 通常価格
      4MSK 15g 12,960円(税込)

      》商品の詳細はこちら

    敏感肌向けの低刺激アイクリームおすすめ!

    敏感肌の人は、刺激を受けやすい肌質であることから目元の皮膚の薄い部分はより負担がかかりがちです。とはいえアイクリームによく含まれるレチノールは刺激がある場合もあり、安心して使えるものが少ないのも事実。ここでは敏感肌向けに作られたアイクリームを紹介しています。

    1. アイクリームのおすすめ⑧アヤナス アイクリームコンセントレート

      ポーラ・オルビスのグループ会社で敏感肌専門ブランドのDECENCIAが販売するアイクリーム。敏感肌の人の場合、特に皮膚の薄い目元周りは乾燥してダメージを受けやすい状態です。そういった方が刺激なく安心して使えるように作られているのがアイクリームコンセントレート。花粉などで目元がかゆくなるぐらいの敏感肌の人におすすめです。

      成分 容量 通常価格
      コンドロイチン 15g 5,400円(税込)

      》商品の詳細はこちら

    コスパ良好のプチプラアイクリームおすすめ3選!

    普段の基礎化粧品に追加して使う分、コスパはできるだけ抑えたい・・そんな人向けのコスパと効果のバランスの良いアイクリームをまとめました。定期購入など継続時にお得になるシステムも用意されているものもあります。併せてチェックしてみてください。

    1. アイクリームのおすすめ⑨キラリエアイクリーム3

      レチノール・プロテオグリカン・ペプチドといった豪華な美容成分を配合しながらも1本あたり2,000円前後でお試しができるコスパに優れるアイクリーム。

      リラックス効果が抜群のシトラスの香りも人気の理由のひとつです。

      成分 容量 通常価格
      ペプチド・レチノール 20g 2,980円(税込)

      》商品の詳細はこちら

      1. アイクリームのおすすめ⑩ファンケル アイセラム

        無添加でおなじみのファンケルのアイクリーム。防腐剤をはじめ、香料や石油系の界面活性剤などを不使用なので、お肌に自信のない人も安心して使えます。

        8gと1本あたり少ない容量ですが、90回分使える伸びの良さで継続して使えるコスパが人気です。

        成分 容量 通常価格
        マリンセラミド 8g 1,836円(税込)

        》商品の詳細はこちら

      目元パックを併用してアイクリームを効果的に使う方法


      アイクリームの効果を高める為に目元パックを併用するとより効果的です。

      準備するもの:大きめのコットンとラップを用意

      1.目元美容液を塗った後に大きめのコットンを下まぶたの下からこめかみまで覆うように乗せる
      2.その上からラップをかぶせて貼り付けて、4~5分程度パック

      アイクリームはそれぞれ製品ごとに使い方が定められていますので、詳細はそちらをご確認ください。

      目元をいたわる為に知っておきたいトピックス

      目元の老化を早める悪習慣を断つこと!

      目元の老化を早める原因は??

      1. 乾燥


      ・普段のスキンケアでの保湿不足
      ・エアコンが当たる席での仕事
      ・乾燥した室内に長時間いること
      ・メイクが落としきれていない
      目尻に現れるちりめん状のシワは乾燥が原因です。保湿力の高いアイクリームを選ぶ必要があります。
      また、皮膚の薄い目元は水分保持力も低いため、顔のどの部分よりも乾燥しやすいことが分かっています。痒みを伴ったり、赤くなる場合もあります。

      長時間潤いをキープする成分も重要です。
      おすすめの配合成分は水分保持力の高いセラミド、保湿力の高いヒアルロン酸、スクワラン、レシチンです。

      乾燥小じわではない深いシワの場合、通常の保湿だけではなくレチノールなどの配合されたアイクリームがおすすめです。
      資生堂から販売されているエリクシールリンクルクリームやPOLAのリンクルショットなども人気です。

      リンクルクリームSの良い口コミでは分からないシワ改善【本当のコト】!

      2. 目元回りの血行不良


      ・睡眠不足
      ・目の疲れ
      ・疲れ・ストレス

      睡眠不足や目の疲れは、目元の血行を悪くします。クマができるのもこの為です。
      寝る前にスマホをみて、睡眠時間を削らないように意識したり、目が疲れている時は、ホットタオルやめぐリズムなどを使うと良いでしょう。

      コスパが気になる人は、一度買ったらずっと使える目元エステのような美容家電を持つのもおすすめです。

      3. メイク・クレンジング・洗顔料の負担


      ・肌質に合っていないメイクやスキンケアの刺激
      ・洗浄力の強すぎるクレンジング・洗顔料
      ・落としづらいアイメイク
      この中でも特にクレンジングと洗顔料の刺激が肌の乾燥をまねきます。濃いポイントメイクはその分、落とすときに洗浄力の強いクレンジングを使いがち。
      お肌に必要な皮脂をガッツリ洗い流してしまうため、肌の乾燥とバリア機能の低下をもたらします。

      毎日メイクする人にとっては、毎日お肌に負担がかかるので出来るだけ落としやすいアイメイクを選んだり、肌にやさしいクレンジングを選ぶようにしましょう。
      またクレンジングをする際は、極力クレンジングと接している時間を少なくし、ごしごしと強くこすらないように注意しましょう。

      クレンジング力の強いものを使わないといけない為 クレンジングで肌荒れ にリンク

      4. 紫外線などの外からのダメージ


      ・紫外線ダメージ
      ・花粉による目元周りのかゆみ
      ・前髪が触れる
      紫外線は特に頬骨が盛り上がった目元に当たりやすいので、できるだけこの部分は重ね塗りをするとよいでしょう。
      紫外線は肌の奥にまで影響を与えるので、ダメージ大です。日焼け止めを塗るのはもちろん、できればサングラスやサンバイザーをして目元に紫外線が当たらないように工夫することが大事です。

      また花粉が飛び始める頃になると、目がとにかくかゆくなります。
      ゴシゴシとかきたくなるのですができるだけ優しく触れるようにしましょう。

      乾燥肌・敏感肌の人は、自分の前髪が当たることでかゆくなる場合があります。これは肌のバリア機能が低下しているためです。

      アイクリームと目元の肌トラブルに関するトピックス

      アイクリームで目のくま対策をするなら??

      目の下に現れる青や茶色のくまは、見た目年齢を大きく上げると言われています。
      くまは主に3種類あり、くまの種類によってアイクリームを使い分けることが大切です。

      青くま

      青くまは、目の下の筋肉である“眼輪筋”が透けてみえている状態です。色白の人や皮膚が薄い人に多く見られ、10代でも見られるのが特徴です。青くまに有効なのは肌のコラーゲンを増やすことで、コラーゲンを作るためにFGF(線維芽細胞増殖因子)が必要になります。化粧品の成分表記では「ヒトオリゴペプチド-13」と記されています。

      茶くま

      茶くまは、メラニンが過剰に生成された状態です。日焼けによるシミと同じと考えられています。シミは完全に消すことはできませんが、茶くまは肌のターンオーバーが正常に行われていれば、垢となって剥がれていきます。肌のバリア機能を改善させるヒト型セラミド、ヒアルロン酸やアミノ酸などの保湿成分も有効です。

      黒くま

      黒くまは、目の下の眼窩脂肪(がんかしぼう)が前に出てくることで、黒い影を作っている状態です。目の下の筋肉である“眼輪筋”が加齢によって衰え、眼窩脂肪を支えられなくなるため、脂肪が前に出てきてしまうのです。要は皮膚のたるみです。皮膚の構造を保ち、たるみを解消するにはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が有効です。

      目元周りの老化を防ぐスキンケアで注意したいこと

      目元の老化の原因は加齢だけではありません。毎日のスキンケアが引き金になる場合もあります。目元に負担をかけるスキンケアをしていないかチェックしてみましょう。

      アイメイクはしっかりオフする

      クレンジングが面倒だからと洗顔料で済ませたり、専用リムーバーが必要なのにクレンジングで落としたりしていませんか。クレンジングで落とす場合はこすらず短時間で落とせるタイプがおすすめです。

      》DUOクレンジングバームの口コミがやたらと言いのはなぜ??

      自己流でアイメイクをオフすると、メイク汚れが残ったままになります。
      目元が乾燥する・色素沈着になる可能性があります。

      目元に刺激を与えない

      目元はとてもデリケートな部分です。硬いテクスチャーのクリームで擦るように塗ったり、スキンケアの仕上げに強いマッサージを行ってはいませんか。
      目元の皮膚は強く押したり、引っ張るなどの刺激で伸びてしまうことがあります。
      目元のたるみを引き起こすのです。

      そもそも顔用のクリームとアイクリームは何がどう違う???

      商品によっても異なりますが、アイクリームは皮膚の薄い目元に負担のかからない伸びの良いテクスチャーのものがほとんどです。また肌への密着感が高いものもあり、より保湿や美白有効成分を肌に届けることができます。

      とはいえ必ず必要なものとも言えません。

      例えば、日々の顔用のスキンケアで保湿が十分できていればあえて購入する必要もありません。逆に日々のスキンケアをより保湿力の高いものに切り替えて、それを目元周りには重ね付けするといった使い方も方法としてあります。
      大切なのは、日々のスキンケアで目元を含む顔全体の保湿がしっかりできていることです。

      まとめ

      アイクリームの効果は乾燥による小じわを目立たなくさせたり、目元にハリを与えます。

      シワや乾燥なら、フェイスクリームで事足りると思う人もいるかもしれません。ですが、アイクリームには目元だけに特化した有効成分が配合されています。フェイスクリームの保湿と、アイクリームの有効成分、ダブルのちからで効果を発揮します。シワやたるみを完全に消したり、短期間でシワを改善することはできません。

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!