寝不足が続いたり、年齢的なものだったり。肌のくすみってとても気になりますよね。
メイク乗りが悪い!と日々コスメティクスと格闘している女性も少なくはないはず。
肌くすみを改善するには、まず下地から変えてみましょう!

ポイントは下地のカラーです。
くすみと、カラー下地がどんな相乗効果を生むのかなどを説明していきます。
そしてちょっとした豆知識として、様々なカラー下地と効果も説明していきます。

どのカラーがくすみに効果的なの?

くすみに効果的な下地のカラーは、ずばりイエローとパープルです。
人によってイエローの下地を使用すると、逆にくすみが目立つことやパープルの下地を使用すると逆にくすみが目立つことがあります。
テスターで確認してから購入するほうが良いでしょう。
目元などポイントくすみでも同じです。

豆知識としてどうぞ!カラー別の効果

目的別!コントロールカラー色選びと効果

下地の色効果
イエロー肌の色むらを緩和させてくれます。
日本人の肌には一番馴染みやすいカラーです。
ピンク血色が悪く見えがちな方におすすめです。
薄いピンクのカラーが程よく明るい肌色を演出してくれます。
パール入りの下地であれば肌ツヤも良く見えますよ!
ブルー肌に透明感を与えてくれます。
透き通るような白く美しい肌に見えます。
元々色白の方は顔色が悪く見えてしまいます。
パープルくすみの払拭だけではなく、透明感も出ます。
マットな質感でエレガントな印象になります。
グリーン赤ら顔の方におすすめです。
頬や小鼻など赤みがきになる部分に使用します。
赤とグリーンは反対色なので、上手く相殺してくれます。

ファンデーションべース・イエローのコントロールカラーで下地を作る!

下地ファンデーションベース1つでくすみをい目立たなくするのは手軽ですが、くすんでいない肌の上にも乗ってしまうため、コントロールカラーとしてポイント使いをおすすめします。
くすみはパッと見茶色っぽく見えたり、血色が悪く見えてしまいます。
そんなくすみを改善するカラーは、イエローです。
※個人差があり、人によってはパープルが効果的な場合もあります。

イエローのコントロールカラーをまぶたなど、くすみが気になる部分に少量ずつ伸ばしていきましょう。
スポンジを使って馴染ませるよりも手の指の腹で、コンシーラーと同じようにトントン。と馴染ませてあげると良いです。
これはパープルのコントロールカラーでも使い方・馴染ませ方は同じです。

まずはテスターでイエローを試してみて、逆にくすみが目立つと感じたらパープルを使ってみましょう。
パープルは薄く伸ばすことによって透明感を演出出来ます。

プチプライスな化粧品メーカーでもカラー下地は販売されているので、手の甲などで肌なじみを確認しながら購入検討してみてください。

くすみにはイエロー、またはパープルの下地が有効的です。
明るい目元や肌色をゲットするためには一工夫必要なんですね。
出来れば通常の化粧下地にポイント使いとして気になる部分に使用してみてください!

くすみと下地のカラー選びまとめ

カラー下地はお顔全体に使用したり、目元や頬などポイント使いで使用することが出来ます。
カラー下地はコントロールカラーとも呼ばれており、コンシーラータイプのものはポイント使いにぴったりです。
下地のカラーを変えるだけでお顔全体の印象が変わるって凄いですよね。
あなたの求める理想の印象を、下地だけでゲットすることも可能です。
くすみに関しては肌色によって馴染むカラーが違うので、コスメティクスカウンターで相談してみることをおすすめします。
もちろんプチプライスなお値段でもカラー下地は購入出来るので、自分に合った色を教えてもらった上で購入を検討してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!