高校生の頃はお肌に多少のニキビは出来たりしましたよね。
でも20歳を越えてからしっかりスキンケアをするようになったのに気付くと出来ている大人ニキビ・・。
ニキビはあらゆる要因が絡み合って出てくるので、その予防法も様々です。ですが女性に多いのがホルモンバランスの乱れによるニキビ。そのあたりを考えていきたいと思います。

 

ニキビの原因は複雑?

「アクネ菌」「皮脂が多すぎる」という事がニキビの原因であるというイメージがありますが、一概にそうでもないようです。睡眠不足やストレス、疲れなどから来るホルモンバランスの乱れなどもニキビの出来る大きな原因になっています。例えば、皮脂の多い脂性肌の方でもニキビが出来ない人もいますし、乾燥している部分でもニキビが出来てしまうこともあります。

 

日々の疲れが蓄積している?

あるとき気付くと急に出来ているニキビ。
その原因は知らないうちに蓄積した日々の疲れやストレスがホルモンバランスを乱してしまった可能性があります。ちょっとしたことでもお肌や体には変化が起こっています。日頃から万全の体調を保つというのはなかなか難しいことですが、睡眠や栄養バランスなどを意識して生活することが大切です。

 

食生活が乱れている?

ニキビはお肌の外からの刺激以外にも、体のうちから影響して出来てしまいます。ニキビが重症化してしまうひとつの原因として「食生活の欧米化」というものが挙げられます。動物性の脂肪よりも和食中心の粗食のほうがお肌にとっては良いとされています。脂っこい食事やファストフードをここのところ食べ過ぎてはいませんか?
白米から玄米に変える、緑黄色野菜を摂取して抗酸化力をつけるなど体のうちからニキビを予防するようにしましょう。

 

まとめ。

大人にきびの原因を考えると「ライフスタイルの変化」が大きく影響しているように感じます。
女性でもバリバリと働く人が増えその結果、ストレスや疲れを解消しきれずに生活していたり、忙しい中で外食が増えてその結果栄養バランスが偏ってしまう・・。さらには睡眠不足・・。
お肌のにきびに限らず、全身的な健康にも関わってくることですので、にきび=身体の警告サインとして常にごろから体調を整える生活リズムを意識しましょう!

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!