20代半ばを過ぎ、乾燥肌に加え敏感肌の私は、化粧品や洗顔料でかぶれることが頻繁にあります。
以前、洗顔料を切らしてしまった時に50代の母親の洗顔料を借りて使用したことがありました。その洗顔料は金箔が入っている高級なもので、ウキウキしながら使用したのですが、洗顔後に赤み・つっぱり・痒みと共にかぶれてしまい、顔が腫れてしまいました。やはり洗顔料は自分の年代にあったものでないと駄目なのだな、と後悔しました。その時に対処した方法をいくつかご説明致します。

まず、“馬油”をいつも使用しているオールインワン化粧水に混ぜて塗布し応急処置しました。乾燥肌なので必要以上に油分が落ちてしまった感覚があり、油分をプラスする意味でも頬や顎に塗りました。即効性は無いですが、翌日少しかぶれが治まっていました。さらに保湿することが大切なので、部屋を乾燥させないように加湿器をフル稼働させていました。

d435f43a1d74408252debc603d4ad82a_s

次に、内面からのケアとしてビタミンをとにかく色々摂取しました。気づいたときに飲む用のサプリメントを元々常備していたので、ビタミンCやコラーゲンなどを含むものを直ぐに飲用しました。

翌日ですが、日焼けをすると更に症状が悪化して痛みが出ることが多いので、日傘や肌に優しいマスクを用いてUVケアをして外出しました。効果があったのか、それ以上の症状の悪化は見られませんでした。また、翌日のケアはワセリンや皮膚科の医師に前処方してもらったプロペトを塗って、肌を一度休ませました。乾燥は防ぎつつ、新たな原因を作らないように気をつけることが重要だと思います。お湯は必ずぬるま湯にして、洗顔料は使わずに濃い場所の化粧だけ拭くメイク落としで落としてから顔を洗いました。お風呂上がりは特に乾燥が酷いので、症状が残っているうちは刺激が強くないいつも使用している低刺激のオイル(ヴェレダ)を薄く塗って保湿ケアを1週間程続けました。ヴェレダは赤ちゃんでも使えるほど肌に優しく、天然成分を含んでいるのでいつも助かっています。

206016a4f449c3a2d33d8fecf7d0c9f0_s

かぶれは徐々に落ち着いていきましたが、その後も油断せずに水分やミネラルをこまめに摂取したり、お化粧もいつもよりもベースメイクを薄めにして24時間付けたままでも大丈夫な24h cosmeを利用して肌の調子を整えていました。このシリーズにはお世話になっていて、全てのアイテムがクレンジングを必要としないものなので、しばらくほぼ石鹸だけでメイクを落とす事ができます。もし肌にトラブルが出てしまったときは、いつもの安価な化粧品からシフトチェンジしてこちらの製品を使用するように工夫しています。

3f34afa381caf450b9050c9ca008b57a_s

今回は安易に肌への刺激が強い洗顔料を、疲れていたので雑にゴシゴシと洗ってしまったことがかぶれてしまった原因だと思います。この件を踏まえて、新しい洗顔料や化粧品を使用する時は必ず腕などでパッチテストを行ってから常用するように気をつけています。

敏感・乾燥肌の方がかぶれてしまった時は、翌日から洗いすぎないことと、油分で低刺激の保湿ケアを行うこと、お化粧など外的要因を一定の期間排除することが重要だと思います。

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!