エイジングケアのために、ほんとに効果のある美容液を見つけたい!

そう思っている女性に注目されているのがヒト幹細胞成分を含んでいる美容液です。

エステサロンや美容クリニックでも使われるヒト幹細胞成分が自宅でも使える美容液は年齢による肌の変化を何とかしたい女性は気になりますよね。

そこで、市販されているヒト幹細胞美容液の中から、おすすめのコスメを集めてみました。

ヒト幹細胞美容液を使ってみようと検討している方は、ぜひ参考にしてください。

この記事のポイント!

ヒト幹細胞美容液を選ぶ際にチェックしたい3つのこと

ヒト幹細胞培養液を使った美容液は、少しずつ種類が増えています。

それぞれの商品に特徴がありますが、まずヒト幹細胞美容液を選ぶ時に押さえておきたいポイントを3つにまとめました。

1、幹細胞の種類は植物?動物?ヒト?

幹細胞の種類
種類 抽出原料
植物由来 リンゴ幹細胞(ウトビラー・スパトラウバー)など
動物由来 羊プラセンタ、羊の毛根など
ヒト由来 ヒト脂肪、ヒト線維芽細胞など

幹細胞培養液を使った化粧品には、植物由来、動物由来、ヒト由来があります。

ヒト由来幹細胞培養液には、脂肪細胞を培養したものと、神経細胞を培養したもの、骨髄幹細胞を培養したものなどは市販品にも使われるようになりました。

ヒト幹細胞の働き
  効果・働き
脂肪由来 保湿・肌のハリ
神経由来 リフトアップ
骨髄由来 肌細胞のアンチエイジング

脂肪由来は保湿、神経由来はリフトアップ、骨髄由来は肌細胞のアンチエイジングなど、それぞれに特徴があります。

幹細胞の研究はまだ着々と進んでいるので、今後はさらに様々な幹細胞培養液が化粧品に使用されることが期待されています。

2、ヒト幹細胞培養液の濃度

幹細胞培養液を配合した美容液は、配合されている濃度によって得られる効果にも差が出てきます。

市販されている化粧品は、使用されている成分が多いものが成分表の上位にあるので、配合濃度が表示されていない場合は、成分表を確認してできるだけ上位に表示されているものを選ぶのも一つの基準になります。

幹細胞培養液の濃度だけじゃなく、他にブレンドされている美容成分があれば、相乗効果も期待できるので、美容成分との相性もチェックしておきましょう。

3、コストパフォーマンス

ヒト由来幹細胞培養液は、植物由来の幹細胞コスメと比較すると、値段は高めです。

毎日使い続けることを前提として選ぶものなので、コスパの面も重要です。どんなに効果が得られるものでも、続けられる価格じゃなければ一時的な効果で終わってしまいます。

エイジングケアの効果は継続することで実感できるので、続けられる価格帯の商品から選ぶことは大切なことだと思います。

品質の良い化粧品は値段が高いとは限りません。通販限定やモニターキャンペーンなどを利用してお得に良いものを探してみましょう。

ヒト幹細胞美容液のおすすめ厳選6アイテム

ヒト幹細胞美容液の一覧表!

J.CELL 容量 価格
30g 初回 1,980円
継続 7,040円
ヒト幹細胞 おすすめ度
脂肪 ★★★★★
ディアガイア 容量 価格
20ml 12,000円
ヒト幹細胞 おすすめ度
脂肪 ★★★★★
HITOYURAI 容量 価格
130ml 8,800円
ヒト幹細胞 おすすめ度
脂肪 ★★★★★
エイジスト 容量 価格
30ml 初回 1,800円
継続 7,200円
植物幹細胞 おすすめ度
アルガン、アルペンローゼ、カミツレ ★★★★★
シャイル 容量 価格
30ml 初回 5,400円
継続 12,960円
ヒト幹細胞 おすすめ度
脂肪 ★★★★★
アイプリット 容量 価格
25ml 初回 3,780円
継続  5,679円
ヒト幹細胞 おすすめ度
脂肪 ★★★★★
クロノセル 容量 価格
30ml 初回 2,980円
継続 9,800円
ヒト幹細胞 おすすめ度
脂肪 ★★★★★

ヒト幹細胞美容液①ディアガイア ナイトリペアエッセンス

ヒト幹細胞培養液を高浸透テクノロジーDDSによって肌の奥まで届けることで、年齢肌の悩みを改善する夜専用の美容液です。

新鮮な状態で肌に届けるため、フリーズドライしたヒト幹細胞培養エキスを使用する前に溶解液に混ぜて自分で完成させます。

防腐剤は一切使用していないので、混ぜ合わせた後は冷蔵保存します。
寝る前のお手入れに、一滴浸透させるだけで、グイグイとヒト幹細胞エキスが細胞の活性化をサポートします。

脂肪由来の幹細胞培養液を主に使用しています。

ヒト幹細胞美容液②クロノセル

3種類のヒト幹細胞培養液を配合したファビウスのクロノセル。高浸透ステムブースター処方で洗顔後のお肌をさらに柔軟にし、化粧水の水分・油分をお肌の中に引き込んでくれます。

また再生医療分野でも応用されるグロースファクターを同時に配合し、肌への実感力を高めた成分構成が◎!


■こちらの記事もよく読まれています。

ヒト幹細胞美容液③HITOYURAIリペアセラム

ヒト由来幹細胞培養液の化粧品ブランドのHITOYURAIの美容液は、幹細胞エキスが濃厚に含まれています。
エステサロンでも使われているプロも認める本格的なエイジングケア美容液です。

使用されている幹細胞エキスは、神経細胞を培養したもので、シワの改善に効果を発揮します。

HITOYURAIの幹細胞化粧品のラインアップには、アルブチンを配合しているので、年齢とともに気になるシワもシミも同時にケアできます。

美容液の単品使用でも効果が期待できますし、ライン使いすると本格的なエステのエイジングケアが自宅でも行えます。

ヒト幹細胞美容液④アイプリットプレミアム

アイプリットプレミアムは、年齢の変化が目立ちやすい目元の悩みの改善に効果が期待できる目元専用美容液です。

ノーベル賞を受賞したips細胞の実験の際に使われる物質を配合し、ヒト由来幹細胞培養液の働きを向上させるので、肌細胞を活性化させて細胞の生まれ変わりを助けます。

さらに形状記憶成分によって、目元のシワやたるみの改善にも効果を発揮するので、目元の印象を若返らせるためにピッタリの美容液です。

ヒト幹細胞美容液⑤シャイルプレミアムエッセンス

シャイルプレミアムエッセンスは、脂肪細胞から培養されたヒト由来幹細胞培養液とフラーレン、プロテオグリカンの3つのエイジングケア成分がブレンドされた美容液です。

従来のヒト由来幹細胞培養技術よりも幹細胞の活性力が長く維持できるように、三次元培養技術を用いています。

幹細胞培養液の働きを安定して肌に伝えることができることが特徴です。

幹細胞エキスの働きを助ける組み合わせとして、細胞のダメージを防ぐ抗酸化力の高いフラーレンとコラーゲンなどを増やす効果があるプロテオグリカンは相性の良い組み合わせです。

ヒト幹細胞美容液⑥J.CELLファーストジェル

J.CELLファーストジェルは、ヒト由来幹細胞エキスを配合したジェルタイプの化粧品です。
本格的なエイジングケアを手早く簡単に済ませられるのは嬉しいポイントでしょう。

ジェルをなじませると60秒ほどで肌にハリを感じるという速効性に病みつきになるリピーターが多いようです。

導入効果のあるジェルなので、その後に使用する化粧水の浸透力がアップします。

年齢を重ねて浸透しにくくなった肌をみずみずしく整えてくれます。ヒト由来幹細胞培養液を使用しているのに、手ごろな価格で試せるのも魅力的です。

植物幹細胞美容液⑦エイジストステムエッセンス

エイジストステムエッセンスは製薬会社が開発した年齢肌美容液です。女性誌でも取り上げられているので、知っている人もいるかも知れません。

エイジストステムエッセンスは、ここで取り上げた美容液の中でただ一つ、ヒト由来ではなく植物由来の幹細胞培養液を使っています。

植物由来の幹細胞エキスは、ヒト由来の幹細胞エキスのように、肌の細胞の生まれ変わりを助ける効果はありません。

ですが、保湿効果は高いので、年齢を重ねて乾きやすくなる肌にうるおいを与える効果は期待できます。

ヒト幹細胞美容液に関するQ&A

ヒト幹細胞培養液はセラミドやヒアルロン酸と併用してもいい?

ヒト由来幹細胞培養液は、肌細胞のターンオーバーを活性化させることで肌をよみがえらせることが最新美容として注目されています。

セラミドやヒアルロン酸のように、もともと体内に存在していて、身体の中で作り出している成分と一緒に使用しても全く問題はありません。

とくに相性の悪い美容成分はないので、今までのスキンケアに加えても何も問題はありません。

市販されているヒト幹細胞培養液を使った化粧品には、ヒアルロン酸やセラミドを含んでいるものもあるので、併用しても心配ありません。

ヒト幹細胞化粧品はエステで使うものと同じ?

ヒト幹細胞培養液を使った化粧品は、美容クリニックやエステサロンで使われることが多く、市販の化粧品にはあまり使われませんでした。

培養技術が進化しているので、この数年で徐々に市販品も増えてきた段階です。
エステで使っているものに比べて、市販品は幹細胞エキスの濃度が低いものが多いので、エステと同じ効果を期待するのは難しいでしょう。

エステサロンで同じものを購入することもできますが、エステでは効果を高める美容マシンを使うことで効果を高めるので、自宅でも同じ効果というのは難しいでしょう。

ヒト幹細胞美容液をパックに使ってもいいの?

ヒト幹細胞を使った美容液は、お休み前の夜のお手入れに使用すると効果的です。

ヒト幹細胞エキスをパックに含ませているものもあるので、寝る前に使用すると翌朝の肌がふっくらすると思います。

パックはスペシャルケアとして毎日使わないものなので、エイジングケアのためには毎日使う基礎化粧品にヒト幹細胞エキスを配合したものを使うこともおすすめします。

紫外線を浴びてしまったり、肌が疲れている時には、少し贅沢に幹細胞エキスを使ってパックするとダメージを軽減できます。

まとめ

ヒト幹細胞培養液を使った美容医療は、短い期間で急激に進化しています。

これからもっと使いやすくなり、購入しやすい価格のものが出てくると期待できますが、それまで時計の針を止めることはできません。

今すぐに年齢肌対策を始めることで、5年後、10年後の肌に差が出てくるはずです。

今日でも最新の幹細胞美容を始めたい方は、日本全国どこからでも手に入る通販化粧品も選択肢に入れて選んでみてはいかがでしょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!