本当に良いクレンジングオイルはメイク落としプラスαで肌トラブルを防いだり、改善してくれるものもあります。

とはいえ、たくさんあるクレンジングオイルの中から本当に良いモノを選ぶのって難しいですよね?

この記事のポイント!

ここでは口コミ評価の高い人気クレンジングオイル、プチプラクレンジングオイルをまとめて紹介しています。

クレンジングオイルの選び方や、意外と知らない正しい使い方までまとめていますので、併せて参考にしてみてください!

クレンジングオイルのメリット・デメリット

クレンジングオイルの良い点だけではなく悪い点も知った上で使っていくのがお肌をいたわるポイント!
ここではクレンジングオイルのメリット・デメリットをまとめました!

クレンジングオイルのメリット

メリット!
  • メイクとの馴染みが抜群に良い!
  • 素早くメイクを落とすことができる
  • 肌を過剰に摩擦する必要がない
  • 様々なメイクを楽しむことができる

メイクを落とすというクレンジングの目的を最も効率的に達成するのがオイルタイプのクレンジングです。

ウォータープルーフタイプやポイントメイクなどの肌とガッチリと密着するメイクをする方は必須のアイテム。

メイク残りによる肌のくすみやニキビなどのトラブルが少ないのがメリットです。

クレンジングオイルのデメリット

デメリット!
  • 脱脂力が高いため乾燥することも・・
  • クッション性が無いので手の摩擦を受けやすい・・
  • 安価なクレンジングは、物によって乾燥が激しい・・

使い方によっては肌への負担を大きくしてしまうので、正しい使い方・注意点を守って使う必要があります。クレンジングオイルの正しい使い方と気をつけたこと!はこちらを参照下さい。

クレンジングオイルの選び方のポイント!

メイクもちゃんと落ちて、なおかつお肌にも負担が少ない・・!そんな理想的なクレンジングオイルを選ぶ際に考えたいことをまとめました。

自分のメイクがちゃんと落ちること!

クレンジングはメイクを落とすためのものです。優しさを重視しすぎてメイクが落ちない、ラクに落としたいから洗浄力だけを求めすぎる・・などではなくメイクがちゃんと落ちるモノを選びましょう。

クレンジングオイルがおすすめのメイクは!?
分類 アイテム例
アイメイク マスカラ・リキッドアイライナー・アイブロウ
ベース リキッドファンデ・パウダーファンデ
※その他皮脂崩れしづらいもの等
口元 リップ・ティント
日焼け止め ウォータープルーフ系
その他 ウォータープルーフ系全般

こういったメイクをする人はクレンジングオイルがおすすめです!

最終的には自分のメイクが落とせるかどうか?なので口コミはあくまで参考程度に考えましょう。

肌質で選ぶ!乾燥肌・敏感肌にはクレンジングオイルは△・・。

クレンジングがお肌に負担をかけると言われているのは、第一にメイクと一緒に皮脂まで奪ってしまうことです。

それを考えるとメイクの濃さはもちろんですが、皮脂量・肌質で選ぶのも方法の一つです。

肌質 皮脂量 おすすめ度
普通肌 普通
オイリー肌 多い
乾燥肌 少ない
敏感肌 少ない
アトピー肌 少ない
混合肌 場所による
インナードライ肌 少ない

一点注意したいのは、一見テカリや皮脂の量が多く見えるけれど、実は乾燥が原因のインナードライ肌。

この場合、プチプラクレンジングに多いミネラルオイル主体の脱脂力が高いものは乾燥を招く原因となりえます。

年齢で選ぶ!皮脂の分泌量は??

皮脂は皮脂腺から分泌されますが、女性ホルモンの影響で年齢を重ねるとともに皮脂の分泌が少なくなる傾向にあります。

肌質 皮脂量 おすすめ度
10代 多い
20代前半 多い
20代後半 普通
30代以降 減っていく

生理・出産前後で女性ホルモンのバランスの変化とともに、肌質も大きく変化する人も多くいます。

今まで使っていたクレンジングが急に肌に合わなくなることもありますので、そういった場合もクレンジングを見直すと良いでしょう。

お肌の負担を少なくしたい人には??

できるだけオイルでありながらも肌へ優しい成分にものを使いたい!という人は、無香料・無着色・アルコールフリーなどのものを選ぶと良いでしょう。

また脱脂力の高いメイク落とし成分としては「ミネラルオイル」が挙げられます。乾燥しやすい人は注意が必要です。

口コミ評価の高いクレンジングオイルのおすすめ6選!

ここでは口コミ数が多く、なおかつ評価の高いクレンジングオイルをリサーチしまとめました。

メイクや肌質によっても選ぶクレンジングは変わりますがクレンジングオイル選びの一つの参考にしてみてください!

アテニアスキンクリアクレンズオイル

アテニアスキンクリアクレンズオイルの全成分
エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、シスツスモンスペリエンシスエキス、ヘリクリスムイタリクムエキス、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、アメリカネズコ木水、レモングラス油、ベルガモット果実油、ビターオレンジ花油、ラベンダー油、パーム油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、パルミチン酸アスコルビル、ステアリン酸イヌリン、トコフェロール、香料、フェノキシエタノール
口コミサイトでも常に上位にランクインしているアテニアのクレンジングオイル。洗浄力が高いのに肌に優しいメイク落とし成分がスルッとストレスなくメイクを落としてくれます。

また油脂系の美容オイルを贅沢に使っているためお肌を柔らかくしてくれる効果が期待できます!

ファンケルマイルドクレンジングオイル

ファンケルマイルドクレンジングオイルの全成分
エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20、(カプリル酸/カプリン酸)カプリリル、オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、グリセリン、ジカプリリルエーテル、ジメチコン、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、メドウフォーム油、ジグリセリン、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ダイズ油、ステアリン酸イヌリン、トコフェロール
クレンジングオイルの中でももっとも認知度が高いファンケルのマイクレ。「お見事三段落ち」のキャッチコピーの通り、素早くメイクと馴染むためばっちりメイクにも最適。

コスパも良いので10代から幅広い世代に愛用されています!

シュウウエムラ アルティム8∞スブリムビューティクレンジングオイル

アルティム8∞スブリムビューティクレンジングオイルの全成分
トウモロコシ胚芽油、パルミチン酸エチルヘキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ミリスチン酸イソプロピル、ジオレイン酸ポリグリセリル-10、ジカプリン酸ポリグリセリル-6、オレイン酸ポリグリセリル-2、メドウフォーム油、フェノキシエタノール、リナロール、スクワラン、ツバキ種子油、ホホバ種子油、ラウロイルサルコシンイソプロピル、サフラワー油、ジカプリリルエーテル、炭酸ジカプリリル、トコフェロール、ゲラニオール、ダイズ油、クエン酸ステアリン酸グリセリル、シア脂、リン脂質、オタネニンジン根エキス、ダイサンチクエキス、クエン酸、香料
クレンジングオイルを日本に初めて持ち込んだと言われているシュウウエムラのクレンジングオイル。

リピートしている方のほとんどの方が、「スルッと落ちるのにしっとりつっぱらない!」を実感しているクレンジングオイルの定番とも言えるアイテム。

自然由来成分を98%配合した使うほどに透明感が上がるクレンジングオイルです。

カバーマークトリートメント クレンジング オイル

カバーマークトリートメント クレンジング オイルの全成分
パルミチン酸エチルヘキシル、ジオレイン酸ポリグリセリル-5、グリセリン、イソノナン酸イソノニル、シクロペンタシロキサン、ソルビトール、水、PEG-7 グリセリルココエート、カプリン酸ポリグリセリル-6、アンマロク果実エキス、テアニン、パルミチン酸レチノール、コメヌカ油、シトルリン、香料、BHT、酢酸トコフェロール、トコフェロール、フェノキシエタノール
82%が美容液成分のクレンジングオイル。カバーマークのクレンジングの中でもメイクなじみがよく、肌との密着度の高いウォータープルーフ系のメイクもストレスなく落とせます。

すすぎの際の水切れもよくベタベタ・ヌルヌルしないのでさっぱりした洗い上がりが人気の一つです!

THREE(スリー)バランシングクレンジングオイル

THREE(スリー)バランシングクレンジングオイルの全成分
ブドウ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、チャ種子油、スクワラン、パルミチン酸エチルヘキシル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸、ペンチレングリコール、カニナバラ果実油、ホホバ種子油、ローズマリー葉油、アルガニアスピノサ核油、シア脂、ミツロウ、オレンジ果皮油、ベルガモット果実油、ニュウコウジュ油、マヨラナ葉油、メドウフォーム油、オリーブ果実油、テオブロマグランジフロルム種子脂、イソステアリン酸PEG-12、トコフェロール、フェノキシエタノール
メイク落とし成分に精油・植物油を配合した天然由来成分88%の天然美容オイル系クレンジングオイル。

クレンジングにもアンチエイジング効果を求めたい素肌力アップにおすすめのクレンジングです。

コスパ重視!プチプラのおすすめクレンジングオイル

クレンジングオイルは使用頻度が高くて消費も激しいスキンケアアイテム。

できるだけコスパを抑えたい!!・・クレンジングよりもほかのスキンケアアイテムにお金を使いたい!・・。

そんな方に選ばれているコスパ重視のプチプラクレンジングオイルの中でも、口コミ評価の高いものをピックアップしました。

無印 マイルドクレンジングオイル

無印 マイルドクレンジングオイルの全成分
水添ポリイソブテン、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、オレイン酸エチル、オレイン酸ソルビタン、オリーブ油、ホホバ種子油、ハイブリッドヒマワリ油、DPG、オレンジ花水、水、BG、トコフェロール、モモ葉エキス、アンズ果汁、グリセリン、プロピルパラベン、ブチルパラベン
ザ・コスパ重視の無印のクレンジングオイル。200mlで750円という価格や、コンビニでもすぐに手に入る手軽さで旅行の際にもおすすめのクレンジングオイル。

メイク落ちは良いもの脱脂力が高いメイク落とし成分を使っているので乾燥肌・敏感肌の方はつっぱり感が気になることも・・。

専科オールクリアオイル

専科オールクリアオイルの全成分
ミネラルオイル,イソステアリン酸PEG-8グリセリル,エチルヘキサン酸セチル,イソドデカン,ラウリン酸PG,PPG-17,ジメチコン,グリセリン,パルミチン酸エチルヘキシル,コメ胚芽油,ヒアルロン酸Na,セリシン,アセチルヒアルロン酸Na,加水分解シルク,水,BHT,トコフェロール,エタノール,クエン酸,ソルビン酸K,香料
肌の毛穴の黒ずみ・古い角質層をリセットしてくれる専科のクレンジングオイル。

230mlながら約2.5ヵ月使えるコスパの良さで人気です。詰め替え用もあるのでさらにお得に続けたい人はそちらも◎!

ちふれ クレンジングオイル

ちふれ クレンジングオイルの全成分
ミネラルオイル、イソステアリン酸PEG−8グリセリル、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、トコフェロール、水
余計なモノを配合しないちふれのクレンジングオイル。公式ページには、細かな成分の配合量までパーセンテージで表示してあり、
ユーザーへの配慮が好印象!

メイク落ちもよくコスパにも優れたオイルです!

カウブランド 無添加メイク落としオイル

カウブランド 無添加メイク落としオイルの全成分
エチルヘキサン酸セチル、パルミチン酸エチルヘキシル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、トリエチルヘキサノイン、水、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ラウリン酸 PEG-12、DPG、BG、セラミドNG、イソステアリン酸 ポリグリセリル-4、イソステアリン酸、グリセリン
徹底的に低刺激さにこだわったカウブランドのクレンジングオイル。全品に皮膚アレルギーテスト実施済みでお肌に自信の無い人でも安心して使えます。

保湿成分にセラミドを配合しているので洗い上がりもつっぱり感が少ないのが特徴!

知っておきたい!プチプラクレンジングオイルのメリット・デメリット

コスパがよくてついつい選びたくなるプチプラのクレンジングオイル。

価格が安いのはメーカーの企業努力によるものも大きな要因の一つですが、安価な成分を使っていることでコストを抑えています。

メリットだけではなくデメリットもまとめましたので、参考にしてみてください。

メリット!
  • メイク落とし成分の脱脂力が強い
  • ストレスなくメイクを落とせる
  • コスパを抑えられる

デメリット!
  • 脱脂力が高いため乾燥しがち
  • エイジングケアのスキンケアをしている人には向かない

メイク落とし成分としてはメイクの油分とよく混ざり、安全性の高い「ミネラルオイル」、「エチルヘキサン酸セチル」が多く使われます。

ただしこれらの界面活性剤のデメリットとして、脱脂力が強く洗い上がりに乾燥を感じることも・・。

そのため、もともと乾燥肌・敏感肌の方や、ナチュラルメイクの方は必要以上に皮脂を奪われる可能性があるので、使い方に注意が必要です。

クレンジングオイルの正しい使い方

クレンジングオイルの使い方!と調べてみると、色々なやり方が出て来たり、逆のことを言っていたりして「どれが正しいの!?」と迷ってしまいますよね?

ここでは、メイクの濃さや皮脂の量の多い少ない、また皮膚の薄さなどを考慮したクレンジングオイルの使い方・考え方について紹介していきます。

また色々な使い方の中でも、共通して気をつけたいことをまとめています。※使用するクレンジングの使い方を基本的には守るようにしましょう。

クレンジングを手に取る

  • できるだけ手が乾いた状態で取る!
  • クレンジングはケチらないでたっぷりと取る!

濡れた手でも使えるクレンジングが多くありますが、本来の洗浄力を発揮するには乾いた状態の手で取る必要があります。

クレンジングの目安量は使うクレンジングによって定められていますのでその量を目安にとります。コスパを抑えるために使用量を少なくしたい・・・と思ってしまいがちですが、たっぷりの量を取るのがポイント!

これによってメイク落ちが良くなるのと、オイルがクッションとなって肌との摩擦を軽減してくれます。

クレンジングオイルを顔に乗せていく順番

お肌にできるだけ負担をかけず、なおかつメイクも効率的に落とすには顔に乗せてなじませていく順番を意識します。

前提として、「界面活性剤が触れている時間が長いほど肌へのダメージが大きくなるため、皮膚が丈夫で皮脂量の多い場所から」しましょう。

  1. Tゾーン(おでこ・鼻の周り)
  2. Uゾーン(ほほ・あご)
  3. 目元・口元

皮膚が丈夫で皮脂量の多いTゾーンを初めになじませ、その次にUゾーンをなじませます。

目元・口元は皮膚が薄いため、長時間クレンジングに接しないように、またゴシゴシと強く摩擦をしないように注意しましょう。

基本は、薬指と中指の2本でクルクルと優しくなじませます。

目元・口元は特に優しく!

目元・口元はシワやくすみを起こしやすいため、一連の流れで落としづらい場合はポイントリムーバーやコットンを併用してピンポイントでメイクを落とすこともおすすめです。

また人によってはアイメイクから落としたいという方も多くいます。その場合は、コットン・綿棒などで丁寧に落とすようにしましょう。

【重要】洗い流す前に「乳化」させる!

クレンジングオイルをメイクとなじませたあとに乳化をさせることでササッと洗い流すことができます。

  • 水と油をかき混ぜて均一にうまく混ざり合った状態のこと

クレンジングオイルを乳化させる方法

  1. 顔全体のメイクとなじませたあと
  2. 手のひらに水を少量出して、それを顔に軽くなじませる。
  3. 真っ白になったら30秒前後なじませる
  4. ぬるま湯でクレンジングオイルを洗い流す
  5. つける水の量が多すぎると乳化の前に、流れてしまうので注意
お風呂でクレンジングをする場合は、蒸気や汗で乳化が先に起こってしまう場合もあります。

ぬるま湯で洗い流す!

乳化させたあとは、全体を洗い流します。この際にも手のひらで摩擦しないように注意しましょう。

またお風呂場でシャワーを直接顔に当てて洗い流す場合は、シャワーの水圧が強すぎないように注意しましょう。

クレンジングに関する疑問Q&A

ここではクレンジングオイル全般に関する疑問をまとめました。

クレンジングオイルとニキビトラブルについて

ニキビがあるけれどクレンジングオイルって刺激にならない??

多くのクレンジングオイルの使用上の注意には、「傷や腫れもの、湿疹などの異常がある部位にはお使いにならないでください。」とあります。

炎症を起こしている赤ニキビには、できるだけ触れないようにするのが安心です。

クレンジングオイルを使ったらニキビができてしまった・・

新しく買い替えたクレンジングオイルを使ったらニキビができた・・・。クレンジングオイルを使うたびにニキビができる・・。考えられる原因は2つあります。

1つは、ほとんどが油性成分でできているため洗いのこしたクレンジングオイルが肌に残ってしまったこと。ヌルヌル感が残る場合は洗顔料でしっかりとクレンジングの油分をオフしましょう。

もう1つは、クレンジングオイルに含まれる成分のどれかに刺激を受けたしまったことです。この場合は、無理に使わず使用を控える必要があります。

ヌルヌル感が残る場合は、ダブル洗顔をしっかり行う!

水やぬるま湯ですすぎをしてもなかなかヌルヌル感が取れない場合は、ダブル洗顔不要であっても洗顔をするのが良いでしょう。

ヌルヌル感が残っていると、次に使う化粧水の浸透の妨げになる可能性もあります。

■こちらの記事もよく読まれています。

まとめ

いかがでしたでしょうか??

クレンジングオイルはかなり多くの種類が売られていて、どれもスルッと落とせるのに肌に優しい!を売り文句として販売されています。

ただし、実際はメイク・肌質によって選ぶべきものが変わります。口コミだけを信じて購入するのではなく、成分表示などをチェックしながら自分にとって最適なクレンジングオイルはどれなのか??を考えて探すと良いでしょう。

高い化粧水・美容液を使っていてもクレンジングがお肌に合っていないと効果は半減です。

ぜひ最適なクレンジングオイル選びの参考にしてみてください!

 

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!