これまでのスキンケアでは物足りなくなったり、合わなくなったり、40代の肌は敏感になりがちですね。スキンケアの基本であるクレンジングも、そろそろ見直す必要があるのではないでしょうか。

でもクレンジングは種類が多く、どれを選べば良いか分からない!と悩む人も多いのでは?ここでは40代敏感肌に適したクレンジングの選び方、そしておすすめのクレンジングを紹介します。

40代敏感肌のクレンジング選び3つのポイント

若い頃は「メイクを落とすこと」だけに重点を置いて、洗浄力の強いクレンジングを使っていた人も多いのでは。40代では乾燥が進むため「潤いを残すこと」も大切になります。3つのポイントをチェックして、参考にしてみてください。

1.肌に負担をかけないクレンジングを選ぶ

40代敏感肌は肌バリア機能が低下しています。20~30代は平気だった成分が、今は刺激になることもあります。

なるべく刺激の少ない、無添加のクレンジングを選びましょう。避けたい成分は合成着色料や合成香料、パラベンなど。

洗浄力の強い「石油系合成界面活性剤」も控えた方が安全です。また、角質を取り除くピーリング剤は敏感肌におすすめできません。

「リンゴ酸」「グリコール酸」「クエン酸」の成分表記があるものは避けてください。

2.保湿成分が配合されたクレンジングを選ぶ

クレンジングはメイク汚れを落とす際、潤いに必要な皮脂も落としてしまいます。クレンジングで乾燥が進むこともあるため、クレンジング後の肌を潤す保湿成分が必要なのです。

また、保湿成分はクレンジング中の肌への摩擦を防ぎます。保湿成分には「セラミド」「ヒアルロン酸」などが有名です。

3.洗い流すタイプのクレンジングを選ぶ

クレンジングにはコットンやシートでふき取るタイプがあります。どんなに優しく拭いても、肌に負担がかかります。

拭き取りタイプのクレンジングは避けて、塗ったら洗い流すタイプのクレンジングを選ぶようにしましょう。

洗い流すタイプにはオイル、ミルク、ジェル、クリームがあります。種類によって洗浄力やテクスチャーが異なるので、肌の状態に合わせて選んでください。

40代敏感肌におすすめのクレンジング

キュレル ジェルメイク落とし

乾燥性敏感肌に特化したスキンケアシリーズ、キュレルのクレンジングジェルです。肌の保湿成分セラミドを守りながら洗うので、クレンジング後はしっとり。

肌馴染みの良い柔らかなジェルがメイクを浮かせて落とします。擦らず落とせるので肌に負担をかけません。

有効成分の消炎剤により、肌荒れを防ぎます。また、無香料や無着色、アルコールフリーの無添加で、肌に優しいクレンジングジェルになっています。

Kikimate(キキメイト) クレンジングジェル

敏感肌や乾燥肌のためのクレンジングジェルです。メイク落としと肌を守ることに着目し、テクスチャーは低刺激の水溶性ジェル。クレンジング中の摩擦を最小限に抑えます。オーガニックの洗浄成分が保水力を保ったまま、さっぱり洗い上げます。

肌を柔らかくする「はちみつ」肌の弾力やキメを整える「プラセンタ」が配合され、クレンジングするたび調子の良い肌に。合成着色料やケミカルフリーなど、肌の優しさにこだわった無添加クレンジングジェルです。

カバーマーク トリートメントクレンジングミルク

クレンジング力と保湿力に優れたクレンジングミルクです。濡れた手でも使え、軽く馴染ませるだけでメイクと馴染みます。ヒアルロン酸よりも保湿力の高い「MCキトサン」を配合し、洗い流したあとも「保湿ヴェール」が形成されてしっとりモチモチ肌に。

「オレンジ油」「ベルガモット果実油」など9種類の精油をブレンドした、柑橘系の香りがクレンジング中に安らぎを与えてくれます。ミルクとジェルを合わせたような、肌にとけこむテクスチャーが病みつきになると評判です。

アテニア スキンクリア クレンズオイル

メイクと肌ステイン(古い角質)を落とすことに着目したクレンジングオイルです。エステで使用される「ロックローズオイル」「バオバブオイル」など4種類のオイルを配合し、メイクと古い角質を落とします。しっとりした透明感のある肌に導きます。

濡れた手でも使え、素早く洗い流しができるのが特徴です。まつ毛エクステにも使え、W洗顔不要。こちらはシリーズになっており、ほかに天然精油の柑橘系アロマやクリームタイプも揃っています。

ポンズ エイジビューティー クリームクレンジング

優しくメイクを落とす、美容クリーム生まれのクレンジングクリームです。メイク落としとエイジング(年齢に応じたお手入れ)に特化し、リフトアップや保湿効果をもたらします。コクのあるクリームなので、マッサージしながらのクレンジングがおすすめです。

「セタノール」「乳酸誘導体」など肌ハリ成分が乾燥による小じわを目立たなくさせ、ふっくら弾む肌に。フローラルの香りで、リラックスしながらクレンジングできます。

D.U.O. ザ クレンジングバーム

肌に負担をかけずにメイクを落とす、バームタイプのクレンジングです。こちらひとつでクレンジングや洗顔、角質ケア、マッサージなど5つの機能が備わっています。

肌に馴染ませるととろけるバームは微粒子の「毛穴カプセル」で構成され、メイクや毛穴汚れをすっきりオフ。優しいロースの香りです。

石油系界面活性剤、合成の着色料や香料、アルコールフリーなど7つの無添加処方で安心して使えます。W洗顔不要です。

40代の肌に優しいクレンジングに関するQ&A

40代の肌に優しいクレンジングを使うにあたり、気になることをまとめました。

40代におすすめの毛穴クレンジングは??

20~30代の頃よりも複雑化する40代の毛穴には、肌に負担をかけないクレンジングがおすすめです。その際、エイジング(年齢に応じたお手入れ)ができるものを選ぶと良いでしょう。

30代以降に多くなる「たるみ毛穴」の原因は、加齢による肌の弾力不足です。肌にハリを与える「レチノール」「コラーゲン」が配合されたクレンジングがおすすめです。

40代にクレンジングオイルはどうなの??

クレンジングオイルはクレンジングの中で一番洗浄力が高く、必要な皮脂まで落とします。結果、肌が乾燥するリスクもあります。

また、オイルはW洗顔が必要な場合が多く、そのぶん肌に負担がかかります。40代はオイルを避けた方が良いでしょう。

ですが、アルガンオイルやオリーブオイルなど、美容オイルであれば問題ありません。

40代にクレンジングクリームはどうなの??

クレンジングクリームはミルクの次に肌に優しいクレンジングです。そのぶん洗浄力は弱まりますが、濃いメイクをしていない限り強い洗浄力はそこまで必要ありません。

40代にはクリーム、またはミルクがおすすめです。

まとめ

40代の敏感肌に必要なクレンジングは、程よい洗浄力と保湿力です。肌を刺激しない、肌に優しい成分配合のクレンジングがおすすめです。

そして、クレンジング後のつっぱりや乾燥を防ぐため、保湿効果のある成分が必要になります。

また、肌に摩擦を生じさせないクレンジングも大切な要素です。拭き取りタイプではなく洗い流すタイプのもの、ミルクやクリーム、ジェルなどのテクスチャーがクッション性のあるものが挙げられます。

 

 

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!