毛穴に効くスキンケアを使っているのに、思うように毛穴レスにならない!そんな悩みはありませんか?

毛穴ケアで大事なのはクレンジングです。

クレンジングで皮脂やメイク汚れを落としていないと、せっかくの毛穴ケアも台無しに。

ここでは、毛穴レスを叶えるクレンジングの選び方、市販のものからプチプラまでのおすすめクレンジングを紹介していきます。参考にしてみてください。

毛穴レスになるために使いたいクレンジングを選ぶ3つのポイント

洗浄力の強いクレンジングだけを選んでも、毛穴レスにはなれません。肌に負担をかけないことも重要だからです。3つのポイントを挙げていきます。

毛穴レスクレンジングの選び方①毛穴ケア成分が配合されているものを選ぶ!

黒ずみ毛穴には、古い角質を除去し、黒ずみを予防・改善する「フルーツ酸(AHA)」がおすすめです。フルーツ酸は開き毛穴を引き締める効果もあります。

たるみ毛穴には、肌のハリを改善させて毛穴を目立たなくさせる「セラミド」や「コエンザイムQ10」が有効です。

そして、開き毛穴やあらゆる毛穴トラブルに適しているのが「アーチチョーク葉エキス」になります。毛穴の汚れを吸着する「タナクラクレイ」が配合されているクレンジングもおすすめです。

毛穴レスクレンジングの選び方②肌質に合うクレンジングを選ぶ!

ゴシゴシ強く洗うと、皮膚が傷つき肌トラブルの引き金にもなります。シートタイプのクレンジングは避けるようにしましょう。

敏感肌の方は、皮膚との摩擦が少ないジェルがおすすめです。オイルやミルクが悪い訳ではなく、使用する際は優しく素早くクレンジングしてください。

乾燥肌の方は、保湿成分を落としすぎないミルクタイプがおすすめです。

どうしてもオイルを使いたい方は、アルガンオイルなどの美容オイル配合のクレンジングが良いでしょう。

毛穴レスクレンジングの選び方③低刺激のクレンジングを選ぶ!

刺激になりやすい着色料や香料、鉱物油、アルコールが配合されていないものを選びましょう。肌への負担が大きいと言われる界面活性剤は、クレンジングに欠かせない成分です。

刺激の少ない「ステアリン酸グリセリル」や「ラウリル硫酸ナトリウム」を選べば安心です。

肌への負担になると言われている「パラベン」などの防腐剤は、クレンジングの品質を保つために必要なものです。刺激が少なく、保湿性と抗菌力に優れた「BG」配合がおすすめです。「ブチレングリコール」と表記されている場合もあります。

毛穴レスのためのクレンジングのおすすめ

毛穴レスクレンジングのおすすめ①リダーマラボモイストゲルクレンジング

洗浄力 しっとり感 やさしさ
★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆
ここがポイント!

こんにゃくスクラブ配合の毛穴専門クレンジングゲルです。毛穴トラブルに効果を発揮するアーチチョーク葉エキス、肌にハリを戻して毛穴を目立たなくする天然セラミドやコエンザイムQ10が配合されています。クレンジングと洗顔が同時にできるため、W洗顔不要なのが嬉しいところ。そのほか、マッサージと導入美容液機能もついて、1本で4役をこなします。こんにゃくスクラブでマッサージしながら毛穴汚れを落とすので、洗い上がりはツルツル!肌への負担も少ない無添加処方です。

ナールスエークレンズ

洗浄力 しっとり感 やさしさ
★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★☆
ここがポイント!

エイジングケア(年齢に応じたお手入れ)世代に向けて作られたクレンジングジェルです。透明な薄ピンクのテクスチャーや、天然のダマスクローズの香りが女性から高評価を受けています。

成分は毛穴奥の汚れまで届く、吸着力に優れた海泥のタナクラクレイが配合されています。また、洗浄成分はアミノ酸系洗浄成分で、優しく洗い肌荒れを防ぎます。W洗顔不要ですが、ウォータープルーフのマスカラやアイラインには専用リムーバーが必要です。

ファンケルマイルドクレンジングオイル

洗浄力 しっとり感 やさしさ
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★★
ここがポイント!

CMでお馴染みのクレンジングオイルです。擦らず撫でるだけでメイク汚れを落とす洗浄力にくわえ、角栓を除去して毛穴詰まりを解消します。強力な洗浄力を誇りながらマイルドな洗い上がりなのは、潤いを保って皮膚を柔らかくするエモリエント成分と保湿成分が複数配合されているからです。

ファンケルの公式サイト以外では、ドラッグストアやコンビニでも売られています。試しやすいプチプラですし、お試しセットも用意されています。

アンサージュ アーティオイルクレンジング

洗浄力 しっとり感 やさしさ
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆
ここがポイント!

アーチチョーク葉エキスを贅沢に配合したクレンジングオイルです。アーチチョーク葉エキスには、毛穴悩みの根源である角栓(タンパク質汚れ)を抑える作用があり、開き毛穴や黒ずみに効果が期待できます。

肌を柔らかくするホホバ種子油やオリーブスクワランが配合され、洗い上がりもしっとり。濡れた手でもOKなので、浴室でも使えます。

するんとメイクが落ちるので、ゴシゴシ洗う必要はありません。天然ラベンダー精油の香りもリラックスできると人気です。

クレンジングリサーチ ジェルクレンジング

洗浄力 しっとり感 やさしさ
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★★
ここがポイント!

毛穴汚れや古い角質を落とすフルーツ酸(AHA)配合のクレンジングジェルです。みずみずしいアクアジェル処方で、撫でるだけでメイクや毛穴汚れを落とします。

サッパリした洗い上がりが特徴ですが、グレープフルーツ種子エキスなど潤い成分を配合しているため乾燥しません。W洗顔不要です。

こちらのシリーズはパッケージのリンゴが特徴で、香りも爽やかなアップル。スーパーやドラッグストアで売られているので、簡単に試すことができます。

カウブランド 無添加メイク落としオイル

洗浄力 しっとり感 やさしさ
★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★★
ここがポイント!

敏感肌向けのクレンジングオイルです。植物性オイルを複数配合し、肌に負担をかけずメイク汚れを落とします。洗浄成分は、石鹸より肌に優しいと言われているアミノ酸系洗浄を配合。

保湿力に優れた天然由来セラミドが配合され、肌を整えることで毛穴を目立たなくさせます。

商品名の通り刺激になりやすい成分をカットした無添加処方で、スーパーやドラッグストアなどで購入できます。パッケージの可愛さも人気のひとつです。

毛穴レスのためのクレンジングに関するQ&A

毛穴レスのためのクレンジングを使うにあたり、気になることをまとめました。

Q1:鼻の毛穴の角栓とは??

A:肌は新陳代謝(ターンオーバー)によって4週間ごとに生まれ変わります。皮膚は古くなると角質になり、垢となって剥がれ落ちます。ですが、ホルモンや体の影響で新陳代謝が乱れると、角質が剥がれ落ちずそのまま残ってしまいます。それが皮脂や汚れと混ざり、毛穴に詰まったものを角栓といいます。

Q2:黒ずみにはクレンジングとスクラブどちらが良い??

A:一概には言えず、使用感の好みに分かれると思われます。ですが、敏感肌の方はスクラブが刺激になる場合があるため、避けた方が無難です。また、ピーリング作用のあるクレンジングも注意した方が良いでしょう。

Q3:クレンジングが毛穴を悪化させることもある??

A:洗浄力が強いだけのクレンジングは肌を乾燥させるため、毛穴が悪化する場合があります。拭き取りクレンジングなどで肌を擦ることも、毛穴を悪化させる要因のひとつです。そして、クレンジングをやり過ぎるのも毛穴悪化の原因に繋がります。

まとめ

毛穴レスを叶えるには、地道なクレンジングが大切です。自分の毛穴に最適なクレンジング成分は何か、自分の肌質に合うクレンジングの種類は何か、肌に優しいクレンジングはどんなものか、じっくり吟味して選ぶようにしましょう。

また、クレンジングは洗えば良い訳ではありません。間違えた方法でのクレンジングは皮膚を傷め、毛穴を悪化させます。「優しく洗う」を意識して、毛穴レスの肌を目指してください。

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!