クレンジングというとオイル、クリーム、リキッド、拭き取りタイプ、泡タイプなど様々な種類が販売されています。またクレンジングというとただ単にメイクを落とすためだけの工程で、ともすればクレンジングによってお肌のトラブルを起こしてしまう方も多く、そういった方にとっては出来る事なら避けたい工程でもあります。でもそんなクレンジング工程で毛穴の黒ずみをはじめとした毛穴トラブルに対してアプローチできるクレンジング剤があります。

・クレンジング剤で洗った後につっぱりが気になる
・洗顔をしっかりしているのに毛穴に黒ずみが残っている気がする
・クレンジング剤で赤みが出たり、肌トラブルを起こしたことがある  など

 

このようなクレンジングにまつわる悩みを持つ方は多くいます。
クレンジング後のお肌のつっぱり感は、クレンジング剤によって本来お肌に備わっている皮脂も落としてしまっているために起こります。この部分はお肌の質によっても変わりますが、クレンジング剤のメイク落としをするための成分である「界面活性剤」が関わってきます。オイルタイプは一般的にメイク落としの力が強く、手間無くメイクを落とせるので良いのですがその分お肌への刺激がほかのタイプと比べ強くなりがちです。

 

つっぱりが続きそれによってお肌に何らかのトラブルが起こった場合は、お肌への刺激が少ないものを試してみる事をおすすめします。ただし刺激が少ないと同時に、クレンジング力も弱くなりますのでお肌とメイクの濃さのバランスを見ながら選ぶのが良いでしょう。(クレンジングの種類にについてはこちら)

 

洗顔をしっかりしているのに毛穴に黒ずみが残っている気がする

毛穴の黒ずみの大きな原因として、「角栓(汚れ)が詰まっている」「表皮のたるみにより毛穴が黒く見える」という2つがあります。角栓が詰まっている場合は、洗顔や角栓を取るためのパックなどで取り除くことが一般的です。ただし中々黒ずみが取れないからといって洗顔力の強い洗顔フォームなどを毎日使ってしまうことはお肌の乾燥を招き、余計に角栓が取りづらいお肌になってしまいます。乾燥が繰り返される事で、ターンオーバーが乱れ、古い角質層が溜まります。その古い角質層が毛穴にフタをしてしまい表面的な洗顔では落としきれなくなります。その結果いくら洗ってもなかなか黒ずみが取れなくなってしまいます。

 

また黒ずみが残っているように見えるのは、角栓が詰まっている以外の原因も考えられます。それがたるみによるものです。
たるみとは弾力がなくなる事で起きますが、弾力に関係しているのがお肌を構成する成分の一種のコラーゲンです。コラーゲンは年齢を重ねていくにつれて減少傾向にあり、また紫外線などの影響で劣化してしまいます。そういった事により、弾力が失われたお肌表面は、たるみが生じます。

 

毛穴が黒く見えるのは、そういったたるみにより毛穴自体が重力を受けて下がって広がったように見えるためです。たるみ毛穴とも呼ばれますがこれは洗顔やクレンジングなどで汚れを落としても効果はありません。その為ハリや弾力を取り戻すための保湿が必要になります。保湿をすることによってターンオーバーが正常になり、その結果キメや透明感、弾力が戻ります。

 

クレンジング剤でお肌トラブルを起こした事がある

これは乾燥肌、敏感肌の方に多く見られますが、そうでない方にとっても生理前などホルモンバランスの乱れた期間に起こることがあります。これは先述したクレンジング剤の刺激が強い事と、皮脂を落としてしまって乾燥を招いている事が原因です。厚塗りメイクをナチュラルメイクにして、クレンジング力の弱い、つまりお肌への刺激も少ないクレンジング剤を使うのがお肌にとっては負担をかけません。が、なかなかそうもいかない事の方が多いと思います。その際は、低刺激のクレンジング剤でもメイクを効果的に落としてくれるものがおすすめです。

 

リ・ダーマラボモイストゲルクレンジングをおすすめする理由

・お肌の角栓を取るためのスクラブの成分が、効果的且つ余計な負担をかけない事
・クレンジングの洗浄成分がすべて保湿成分で出来ている事

この2点がお肌の黒ずみとクレンジング剤で悩む方に大きく支持されている点です。

 

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!