気付くとお肌に痒みを感じて、そして無意識のうちにボリボリと掻いてしまうことって乾燥肌や敏感肌の方は経験したことあるのではないでしょうか。そしてその状態が続き、掻いているうちに肌を傷付けてしまいどんどんとお肌が悪化してしまうこともあります。私も乾燥してくる秋頃特にお風呂上りに痒みを感じて、気付くとぽりぽりと体中を掻いていたりします。ここではそういった症状から悪化させないためのヒントをご紹介しています。

 

痒くなる原因とは?

お肌の表面が乾燥し、荒れてくるとその部分から様々な外的なアレルゲンが入り込み刺激を受けます。
刺激を受けると炎症を起こしますが、その炎症が痒みとして感じるのです。
そして痒みを感じると、無意識のうちに掻いてしまいます。その掻く行為がお肌をさらに荒れさせてしまい、痒みの連鎖が起きてしまいます。

 

まずは痒みを起こさない

まずはお肌の表面の乾燥を防ぐことです。これは痒みを起こさないためにというよりもスキンケアとして最重要なことです。
保湿をする事はもちろんですが、乾燥を招く事を極力避ける、あるいは乾燥を少なくするという守りも必要です。例えば熱すぎるお風呂に長時間浸からない。暖房などで乾燥した部屋はこまめに換気する。加湿器を近くに置くなど基本的なことですが、こういった事に注意するだけでもお肌の調子は変わってきます。

 

痒みを感じてしまったら・・。

痒みを感じたらまずは何が原因なのか探ることが大事です。
例えば何か薬品に触ったことでかぶれたのか、それともアレルギーのある食べ物を食べてしまったのか。それともただの乾燥によるものなのか。先述したとおり、肌荒れや乾燥によるものであればスキンケアでの対処がベースになります。

 

2793555d0f79b3904276bc80964134ff_s

ひどい痒みの場合は皮膚科へ

もちろんひどい痒みを感じた場合や、掻き壊してしまうレベルのトラブルはすぐに皮膚科を受診することをおすすめします。皮膚科では炎症、かゆみをただちに抑えてくれるステロイド剤を処方されることが多いようですが、掻き壊してお肌の状態が悪化する事を早い段階でストップしてくれることが期待できます。

 

4d927332744a97fd7172af9d747a4f0c_s

痒みを抑えた後はしっかり保湿すること

かゆみが収まったからといってそこで治ったと思って保湿剤などを塗らなくなる事には注意が必要です。
皮膚科でも言われますが、痒みが収まった後の保湿を十分にすることがお肌をより良い方向に向かわせてくれます。

痒みを引き起こす「乾燥、肌荒れを未然に防ぐ」痒みが出てしまったら「早い段階で対処し悪化させない」痒みが収まったら「しっかりと保湿をする」。この3つのポイントを意識していると掻き壊しの予防になります。

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!