ニキビはたくさんの事が絡み合って出来てしまいます。もちろん皮脂が多く分泌されることやお肌が清潔に保たれていないことが大きく関係してきますが、そういった事に十分注意していても出来てしまうのがニキビです。私自身もニキビがとてもたくさん出来てしまった時期がありました。ちょうど20代前半頃でしたが、顔中が赤く見えるほどニキビが出来てしまって随分辛い思いをしたものです。

 

ただしそうなってしまった理由は自分の不摂生が原因でした。
その時のことを思い返すと「あの生活では仕方なかったな・・。」と感じます。

 

1.1人暮らしをはじめてファストフードばかり食べていた

1人暮らしをしだして間もない頃は、自炊をしていましたが働きだして自分の時間に余裕が無くなるのと同時に、疲れもたまっていました。そういう時はサッと買って、時間をかけずに食べられるものが楽チンでついついそういう食事になってしまうんですよね。また好きなものを食べること自体が仕事でたまったストレスを発散してくれているような感じがして、疲れに負けてスナック菓子なんかを寝る前に食べていました。

脂っこい食事が多いと皮脂の分泌も多くなるようですから、そういった食生活がまずは大きな原因だと思います。

ef079f02cfe02cd95625f06237753b53_s

 

2.栄養が偏り疲れやすい身体に・・。

そんな食生活を繰り返していたので、栄養バランスも悪かったんだと思いますがすごく疲れやすかった事を思い出します。
先述したように疲れがたまると、自炊自体が面倒になり、外食や簡単に食べられるものを中心に選んでしまいます。しかも外食するならやっぱり自分の好きなものを食べたい!外でお金を使うんだから自分の好きなものを食べたい!という気持ちがあり、またまた栄養が偏り疲れやすく・・。悪循環に陥っていました。

栄養バランスが悪いとお肌の新陳代謝が正常に出来ず、よりニキビの出来やすい状態になってしまいます。

 

3.睡眠不足

また普段から仕事も忙しく帰宅してからお風呂に入ったり食事をしたり気分転換にテレビを見たりと少ない自分の時間を最大限に使おうと思うとどうしても寝る時間が犠牲になってしまっていました。帰宅してお風呂入って食事だけして寝るという事に対して、少しでも自分の時間を確保したかったのだと思います。

睡眠不足は、ホルモンバランスを崩し正常なお肌の新陳代謝が出来なくなります。

 

 

そういった生活を続けていたらついにポツポツとニキビが出来始めました。
ポツポツぐらいだったので、すぐに治るだろうと洗顔をしっかりすることを気をつけましたがこれがまた行けなかったようです。

過剰な洗顔はお肌に必要な皮脂まで落としてしまい、逆に乾燥肌に・・。
しかもその当時は分かりませんでしたが、おそらくインナードライ肌状態だったのではと思います。
つまり顔の表面は皮脂でテカッているけれどもお肌の内部は乾いているという状態です。
これが皮脂の分泌バランスを崩して、脂っぽいお肌になってニキビを招いていたのかもしれません。

 

そうこうしている間にポツポツが顔全体に出来始めてしまいました。
その当時、洗顔に加え、市販のニキビ予防薬を買っては、ニキビの部分に塗って寝るという事をしていました。
でもそんなニキビの薬もほとんど効き目が感じられずに悩んだものです。少し多めに塗ってみたりもしましたが赤みがひきません。

 

私もそうでしたが、たぶんニキビを繰り返して辛い思いをしている人は、一生懸命ニキビを治そうと努力しているのに結果が出ないという事が1番辛いのだと思います。さらにはとにかく人目が気になるんですよね。仲の良い友達や家族からは「別に気にならないよ」だとか「自分が気にするほど周りは気にしてないよ」なんて言ってくれます。

 

でも周りに気にされるよりも自分で気にしてしまうほうが実際はけっこう辛いんですよね。
鏡を見るたびに、「このニキビはいつ治るんだろうか・・。」「こんなに色々ニキビ対策してるのに・・。」「初対面の人とかどう思っているんだろう・・。」

私も色々とニキビケアのアイテムを試してみました。でもお肌だけのケアではニキビの改善が出来ない状態だったのだと思います。やはり偏食、栄養バランスが悪い、睡眠不足、ストレス。そのあたりの根本的な問題を解決しないとダメだったのだと今では感じています。もちろん人それぞれニキビの状態は違いますし、ニキビケア用品で効果がある人も多くいると思います。

 

「自分のニキビの原因は何なのか?」

「どういったことが考えられるのか?」

 

そういう原因を突き止めることが、悪化してしまったにきびを治す手がかりになるんですよね。
繰り返してなかなか治らないニキビに対しては、ニキビケアを自分で行うだけでは悪循環から抜け出せなかったりします。そういった時は皮膚科などの専門の医療機関で診てもらうことも検討するべきです。
私の場合は、ニキビで皮膚科にいくなんて大げさでしょ?という勝手な判断の元、セルフケアで長いこともがいていました。

 

結局皮膚科に通うことは無く、転職をした事によって時間に余裕が生まれて不摂生がなくなったのが良かったのか気付いたらにきびも徐々に無くなっていきました。でもひどいニキビで悩んだり、辛い思いをする期間は短い事に越したことはありません。セルフケアにしろ、皮膚科に通うにしろニキビの悩みに苦しまないようににきびの知識をつけることも大切です。
ぜひ参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!