オイリードライ肌、インナードライ肌の方は、「保湿剤を塗るとさらにテカる気がするし、油分を与えすぎるとニキビの原因になるって聞いたことあるし・・。でも乾燥がひどい・・。」とかなりカオスな状態になってしまいますよね。でも化粧品には、オイリー肌用だとか乾燥肌用とあってどちらで対応すればいいのか分からなくなってしまいます。そんなオイリードライ肌の方が気をつけるべきスキンケアについてご紹介しています。


そもそもオイリードライ肌とは?

そもそもオイリードライ肌とは皮脂の分泌量は多いけれど、お肌の水分量が少なくなっている状態です。そんなオイリードライ肌の大きな原因としてはお肌の乾燥が挙げられます。
お肌は乾燥をすると自ら潤いを維持しようとして、お肌の中から皮脂を分泌してくれるのです。

その皮脂が多くの場合テカりの原因にもなるのですが、「うわ。テカってる・・。」「洗顔で皮脂を落としきれてないのかな・・。」と不安になって一生懸命洗顔をしてしまいます。でもいくら洗顔しても、テカりがおさまらないので洗顔力の強いものを使い始めたくなります。すると本来必要な皮脂までも落としてしまい、余計にお肌の乾燥を招いてしまうという悪循環に陥ります。

 

潤いを残してくれる洗顔料で洗顔をする

強すぎる洗顔料は、汚れや脂を落とすのには最適ですがお肌への負担が大きくなります。最近では、洗顔料にも潤い成分を含んだものが販売されていますので、そういったものを使うと良いでしょう。一般市販品であれば小林製薬の「ヒフミドソープ」にはセラミド成分が配合されています。その他には、「ロゼットブライトニングウォッシュ」などもセラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分が含まれている洗顔料です。そういったもので洗顔をすることがまずは大事です。

 

洗顔が終わったら、しっかりと保湿をする

テカりを気にされている方に多いのが、せっかく洗顔でさっぱりしたのにまた保湿剤で油分を与えることに抵抗があるということです。しかしオイリードライ、インナードライの原因は乾燥ですから、しっかりと洗顔をした後に保湿をすることが重要です。そういった場合は、セラミドやヒアルロン酸などの高保湿成分を含む油分の少なめな保湿剤を選んで使うようにするとテカりを気にせずにスキンケア出来ます。

 

まとめ。

オイリードライ肌の方はつっぱらず潤いを残してくれる洗顔料で洗顔をして、その後に油分の少なめの高保湿成分を含む保湿剤で保湿をすることが大事です。ただし乾燥肌になってしまう原因は様々なことが考えられます。食生活の乱れや、紫外線による影響、ストレス、睡眠不足、冷暖房による乾燥など・・。今回ご紹介したような洗顔、保湿で対処する方法とあわせて根本的な原因を探ることもとても大切です。

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!