ここ数年でセラミド成分は大きくフォーカスされ、それと同時にコスメ雑誌や美容雑誌にも色々なセラミド美容液が紹介されています。ただし気を付けなくてはならないのは「セラミド」がすべての方のお肌に合うものではないということです。これはセラミドに限らず皮膚につけるものすべてに言えることです。メリットだけに魅力を感じて購入すると場合によってはお肌の状態が悪化してしまうという可能性も少なからずあります。ここではセラミド化粧品を検討している方も含め、失敗しない為に知っておきたいポイントをご紹介しています。

お肌に存在するセラミドと化粧品に使われるセラミドについて

もともとセラミドとはお肌の中にあるもので、肌のバリア機能に大きく関係しています。肌のバリア機能とは外からの刺激から守ることですが、このセラミドがどれだけ肌にあるのかでバリア機能の強弱が変わります。

セラミドとバリア機能が関係するその理由って??


≪外からの刺激から守るためのバリア機能≫
セラミドは肌の角質層を繋ぎとめています。角質層同士はこのセラミドをはじめとした細胞間脂質と呼ばれる成分でくっついているのですが、この細胞間脂質が減ることで角質層同士がぐらついてしまい、まさにめくれ上がるような状態となります。外から見るとこれが肌がかさかさしていたり、粉を吹いているように見えてしまいます。またこの状態ですと、角質層と角質層の間から外からの刺激が内部に入り込み、それにより赤くなったり痒くなったりします。つまりセラミドがなくなると肌の内部に異物が入り込みやすくなる状態です。

≪中の水分を守るためのバリア機能≫

またセラミドは外からだけではなく、肌内部にある水分を蒸発しないように抱え込む性質があります。セラミドがなくなることで中にある水分が蒸発しやすく、結果乾燥状態が続いてしまいます。また乾燥状態が続くことで、さらに外からの刺激にさらされお肌が悪化という悪循環に陥ることも多くあります。敏感肌はまさにそういったことが大きな原因の1つです。この状態ですといくら保湿効果が高いもので毎日スキンケアをしていても、一時的に潤うだけですぐに水分が蒸発し乾燥が起きます。

セラミドは中と外の世界を隔てるバリアを作るためのとても大切な成分です。

 

セラミドはターンオーバーの際に作られる

セラミドはお肌の新陳代謝=ターンオーバーの際に作られます。ただしその生産量は年齢とともに少なくなります。またターンオーバー自体が正常に働かないとセラミド自体の生産量も減ります。

■ターンオーバーが低下する全身的な原因
・不規則な食生活
・不十分な睡眠時間
・ストレス など

上のような全身的な健康とも大きく関わりますが、ターンオーバーは水分が十分にある健康的な肌で正常に働きます。つまりすでに乾燥肌や敏感肌の方であれば、まずは保水をしっかりできなくてはなりません。さらにお肌に刺激を受ければ受けただけ肌ダメージが蓄積し、ターンオーバーが低下してしまいます。ひどい乾燥肌、敏感肌の方が健康的な肌になることが簡単ではない理由の1つがこういったことです。

セラミドは美容液・保湿クリームから補う

5b27c5ce7a368ac375a8869868eb1ca1_s
そこでセラミドを外から補給するために市販のセラミド美容液などがあります。ターンオーバーが低下した結果、乾燥肌になってしまった人や敏感肌になってしまった人にはセラミドを簡単に補給できるので肌の水分量を増やすことが出来ます。

≪セラミド美容液選びで気を付けたいポイント≫

・セラミドの種類とサイズ
・セラミドの配合量
・テクスチャー
・セラミド以外の成分
・コストパフォーマンス

セラミドの種類とサイズって??

セラミドの種類は大きく分けて、「ヒト型セラミド」「天然セラミド」「合成セラミド」と3つあります。
≫セラミドの種類とその特徴って??を参照ください。
またこの3つの種類とさらにサイズによっても肌への浸透性となじみが変わります。最近ではナノサイズ化されたものをメリットとするセラミド美容液もたくさんあります。ナノサイズ化されたもののほうが肌への浸透性は高く感じますが、使う人のお肌になじむものでしっかりと保湿が出来るものが必ずしもナノサイズ化されているものとも限りません。肌との相性を見極めることが必要です。

セラミドの配合量って??

5d4d5d1fee3418033dda208a9f6e7d26_s
セラミドの配合量は、ユーザー側からはなかなか判断がつきづらいものです。また販売メーカーに問い合わせたとしてもなかなか聞くことはできません。ただしセラミドはもともと原価が高い成分ですので、あまりにも相場より安いようであればセラミドの種類や配合量もそれなりと思うのが世の常だと思います。

テクスチャーは重要??

テクスチャーはこれは好みももちろんありますが、一番に考えなくてはならないのが「肌への摩擦を起こしづらい」ということです。すでに乾燥肌、敏感肌の方はお肌のバリア機能が弱まっていますので、毎日のスキンケアでべたべたと伸びが悪いものは、手のひらに力が入りやすく肌を圧迫しながら伸ばす必要が出てきます。これが毎日続けばお肌へのダメージは相当なものです。ある程度のこってりしたもののほうが、一般的にはセラミドの含有量が多いと思われますが、それに加えて伸びが良いものを選ぶことがセラミド美容液のテクスチャー選びには大切です。

セラミド以外にも凄そうな成分が入ってますが・・。

セラミド以外にも高い保湿成分を含んでいるものがほとんどです。セラミドxコラーゲン、セラミドxヒアルロン酸、セラミドxスクワラン等々・・。各化粧品メーカーによってその成分は多岐にわたります。また保湿成分以外にも刺激因子と炎症を抑制してくれる成分を含んだもので、セラミドの保湿と同時により健やかな状態にしてくれる成分を含んだものもあります。

コスパはどう考える??

6f1c9ecbc7cf2255523fb43c957916e3_s

コストパフォーマンスはとても重要です。セラミド化粧品においては種類や配合量、セラミド以外の成分などによって大きくコストが変わります。価格が高いものが絶対に良い!わけではありませんが、価格が安いものはやはりそれなりの理由があります。普段使いのスキンケアに使うのであればある程度、家計の負担にならない価格帯で揃え、ポイントケアであればより効果が期待できるものを揃える・・。このあたりはそれぞれの考え方や価値観により変わりますが、永く継続していくことを前提に価格を検討することが必要です。

以上のようなことを考慮し、セラミド美容液を選ぶことをおすすめします。特にお試しセットが用意されているものに関してはまずは肌との相性を見極めるためにも数日間使ってみて、効果はどうか?一回あたりの使用量はどれほどで済むのか?それによってコストはどうか?そういったことを把握することが大切です。

≫セラミド化粧品市販品一覧はこちら

The following two tabs change content below.

コスメのチカラ@編集部

いつまでもキレイなままでいたい!あのコスメは実際使ったらどうなの??そんな「女性のキニナル」を解決できるようなコンテンツを発信しています!